【夏の屋根はとても熱くなります】エアコン代の削減をご検討されてみてはいかがでしょうか?

早いもので季節は6月です。
今年は、まだ肌寒いと感じる日もある不思議な年ですが、これから梅雨入りし、梅雨明けしたころには恒例の猛暑が待っていることでしょう。

暑さ(強い日差し)は屋根にとっても、室内環境にとってもあまり良いものとは言えません。

この記事では屋根材を見直すことで、もしかしたらエアコン代が削減できるかも?という内容についてお伝えさせて頂きます。

夏場の屋根の表面温度

屋根の上で仕事をする我々、板金職人にとって、夏は本当の意味で過酷な環境です。
表面温度は70~80℃になることもあり、屋根の上でお肉が焼けてしまうような熱さです。

1日の仕事が終わると、上記の写真のようにぐったりしてしまう事もしばしばです…。

高温がもたらす影響

熱さが屋根の表面のみで済むようであれば、まだマシですが、屋根からの熱は天井裏(屋根裏)にこもってしまいます。

その熱が、夜の寝苦しさや、エアコンの効きを悪くする要因のひとつと言えます。

熱に対抗する「遮熱」効果のある屋根材

上記画像は、通常の屋根材と遮熱効果のある材料の表面温度を比較したものです。

左の「遮熱材」の方が明らかに温度が低い結果となっています。

遮熱材のメカニズムを簡単にご説明させて頂くと、鋼板の塗料に含まれる遮熱効果で赤外線の吸収を抑え、反射させることで、温度の上昇を抑えています。

近年では遮熱効果が標準装備されている材料も増えてきていますが、ご自宅の暑さや材料が気になるという方はお気軽に当社にご相談下さい。

まとめ

お伝えしました通り、屋根の熱は室内の暑さに大きく影響します。

屋根材を見直すことで、エアコン代の削減に繋がるかもしれません。

もしくは、遮熱効果のある塗料で塗装し直す、という手段もあります。

当社は「屋根替え」・「塗装」のどちらにも対応可能です。

暑さに悩まされる前に、お気軽に当社にお問合わせください。

© 2017 - 2022 建板工業株式会社, All rights reserved.