山形で屋根工事をお考えの方へ

一般的に、普段じっくり屋根を見る機会は少ないかもしれません。
しかし大切な家を、雨や風から守ってくれている陰の立役者が「屋根」です。

そんな屋根ですが、どのような時に工事が必要でしょう。

山形では大きく二つの理由が挙げられます。
ひとつは雪による被害、もうひとつは雨漏りの被害です。

雪による屋根被害

山形の冬は厳しく、このように屋根に多くの雪が積もります。

積雪した雪は次第に重さを増していくことによって屋根に過大な負荷を与えます。

そして耐え切れなくなり、軒先が折れてしまうという事態が発生します。

このような時に屋根工事が必要となります。

こうなってしまっては屋根だけではなく、下地も修理が必要となりますが当社、建板工業株式会社では全て一貫して工事をさせて頂きますのでご安心ください。

雨漏りによる屋根被害

雨漏りの原因は積雪や老朽化によって、屋根と下地木材の間に隙間が出来、水の通り道が出来てしまうことにあります。

室内に水は侵入してないからと言って安心は出来ません。

ご自宅の軒先をご確認下さい。
以下の写真のようにシミのような模様は出ていませんでしょうか?

このような状態であれば雨漏り予備軍です。

早期に屋根工事もしくは修理をすれば費用も抑えることが出来ます。

気になる点がありましたらお気軽にご相談ください。

建板工業株式会社について

当社は屋根工事のプロフェッショナルです。

山形での長年の経験と実績をもとにお客様の屋根をお守りします。

お問い合わせを心よりお待ちしております。