会社の様子をGoogleマップに公開しました

建築板金業者がどのような環境で、どのように仕事をしているかという事を、一般の方はあまりご存じないかと思われます。

そこで、お客様に当社のことをもっと知って頂きたいという思いから、昨年末にGoogleストリートビュー(屋内版)の撮影をしてもらいました。

当日は専属のカメラマンさんに事務所の様子から作業場までをくまなく撮影してもらいましたので、本記事でご紹介させて頂きます。

建築板金業者の仕事

撮影の様子の前に、まずは仕事をする場所をご紹介させて頂きます。

建築板金業者は大きく分けて3つの場所で作業をします。

一つ目は「現場」です。

現場での仕事がメインと言っても過言ではありません。

大型の工場や店舗から一般住宅まで、スケジュールに応じて板金作業を行います。

一例としてこちらの【折板施工時の動画】をご覧いただけましたら幸いです。

二つ目は「作業場」です。

現場で作業を行うために必要な材料(役物)などの加工を行います。

加工の出来が施工の仕上がりに直結するため、非常に大切な業務のひとつです。

三つ目は「事務所」です。

説明は不要かと思いますが、経理等の事務処理も当然行います。

これらのうちの「作業場」と「事務所」を撮影してもらいましたので、ぜひご覧ください。

表示されるマークをクリックすると、次のポイントに移動し、会社全体の様子が分かるようになっていますので、ぜひご覧ください。

会社の様子を公開した理由

建築業界に携わっている方でもない限り、板金業者の社内を見る機会はあまりないと思います。

そこで、冒頭で記述の通り「一般の方にもっと知ってもらいたい」という気持ちのもと、「お客様の大切な家」に関わる仕事をさせて頂く立場から、安心感を持っていただけたらという思いでストリートビューを公開しました。

また、建築板金業界で働いてみたいとお考えの方に対しても、写真から、少しでも仕事のイメージが伝われば幸いと考えた次第です。

お気軽にお問合わせください

住宅や工場、店舗等の屋根・外壁に関するお問合わせは随時受け付けております。

また、当社で働いてみたいという方からのご連絡もお待ちしております。

さらに、当社のGoogleストリートビューの画像をご覧になり、「うちのお店も公開したい」と言う方がいらっしゃいましたらカメラマンさんのご紹介も可能ですので、お気軽にお問合わせください。