【仕入先をご紹介】金属屋根・屋根材・壁材メーカー「株式会社セキノ興産」様について

この記事では当社が仕入れをさせて頂いている、株式会社セキノ興産様についてご紹介したいと思います。

「株式会社セキノ興産」とは

富山県に本社を置き、昭和13年創業から80年以上の歴史を誇る、屋根材・外壁材など建築資材の大手メーカーです。

山形県内には「山形店」「酒田店」「米沢店」「新庄店」の4販売店があり、当社では山形市蔵王松ヶ丘に工場を構える「山形店」様とお取り引きさせて頂いております。

セキノ興産の強み

最大の強みは、自社のオリジナル製品の豊富さだと思います。

その数は、この記事では紹介しきれないほどですので、ご興味がある方はセキノ興産ホームページ製品情報をご確認下さい。

製品が豊富という事は、我々施工業者はお客様(施主様)のあらゆるニーズにお応えできることに繋がります。

ハウスメーカー様からお仕事を戴く際にも「セキノの~~~指定」など、材料指定の工事を行うこともしばしばです。

しかし、セキノ興産さんの強みはそれだけではありません。

大手企業らしからぬ、営業マンの親しみやすさと、フットワークの軽さです。

現場が慌ただしくなると、無理な注文をしてしまう事もないとは言えません。

その際に、嫌な顔をせず要望に応えてもらえるのは、本当に心強いです。

板金メイト

板金業に携わっている以外の方には、あまり知られていないと思いますが「屋根」や「外壁」に関する、お見積りや材料の割り出しは意外と手間のかかる事務作業です。

その作業を軽減してくれるのが「板金メイト」というセキノ興産オリジナルのソフトです。

慣れるまでは少し操作が面倒ですが、慣れてしまえば電卓を叩く作業には戻れないほど、重宝しています。

まとめ

以上のように、セキノ興産様では、エンドユーザー向けの豊富な製品と、当社のような業者向けのソフト開発まで、幅広い取り扱いがあります。

もし、セキノ興産のホームぺージをご覧になって「この屋根いいかも」と思った方がいらっしゃいましたら、お気軽に当社に施工のお問合わせをお待ちしております。

最良の価格と最善のご提案をさせて頂きます。

【取引先をご紹介】株式会社ハート・コーポレーション様について

前回の記事では「シエルホームデザイン」様を紹介させて頂きましたが、本記事では、施工取引先のもう一社である「ハートコーポレーション」様をご紹介させて頂きます。

ハートコーポレーションとは

山形県山形市馬見ヶ崎に本社を置く住宅メーカーです。

ハートコーポレーションの家づくりのコンセプトは「おいしいゴハンが食べられるいえ」です。

おいしいゴハンを食べるために重要視しているこだわりが以下の7つです。

  • 長持ちする頑丈な構造(耐震・耐久性に優れた工法)
  • ずっと強度が持続する柱(素材の選定)
  • 何年経ってもイイ間取り(住まう人に合わせた設計)
  • 家族を犯罪や災害から守る(犯罪者が浸入を避ける防犯デザイン)
  • 家も暮らしも健康に(シックハウス対策やバリアフリーはもちろん、アロマーテラピーを活用した健康住宅)
  • 建てた後も考慮した安心計画(将来の修繕費等も考慮に入れ、トータルコストを意識した資金計画)
  • 最高の職人さんで建てる家(食品業界のような、作っている人が見える安心感)

これらの要素が相まって、住宅に関する余計な心配がなくなり毎日を安心して暮らせるからこそ、日々のゴハンがおいしく食べられる家づくりを行っています。

ハートコーポレーションのホームページはこちら

弊社は「屋根」「外壁」「雨樋」を担当する職人です

「最高の職人さん」という言葉を裏切らないよう、誠心誠意、施工をさせて頂いております。

作っている人が見える安心感という事で「職人」と言うと、「恐そう」「近寄りにくい」「話しかけづらい」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

しかし、当社の職人たちは、みな気さくなので、施工中の住宅に関して、ご不明点などありましたら、遠慮なくご質問ください。

大切な住宅だからこそ、ご自身が安心できることが最重要だと思います。

まとめ

ハートコーポレーションさんの住宅は、「安心」「安全」「長持ち」という住宅に求める要素を的確に実現していると思います。

ご興味がある方は、ぜひ一度ご相談されてみてはいかがでしょうか?

意識の高い会社様だからこそ、弊社でもより一層気を引き締めて施工をお手伝いさせて頂いております。

当社は「屋根」「外壁」「雨樋」のプロ職人集団です。

もし、現在お住いの住宅で気になる点などありましたら、お気軽にご相談をお待ちしております。

山形で屋根工事をお考えの方へ

一般的に、普段じっくり屋根を見る機会は少ないかもしれません。
しかし大切な家を、雨や風から守ってくれている陰の立役者が「屋根」です。

そんな屋根ですが、どのような時に工事が必要でしょう。

山形では大きく二つの理由が挙げられます。
ひとつは雪による被害、もうひとつは雨漏りの被害です。

雪による屋根被害

山形の冬は厳しく、このように屋根に多くの雪が積もります。

積雪した雪は次第に重さを増していくことによって屋根に過大な負荷を与えます。

そして耐え切れなくなり、軒先が折れてしまうという事態が発生します。

このような時に屋根工事が必要となります。

こうなってしまっては屋根だけではなく、下地も修理が必要となりますが当社、建板工業株式会社では全て一貫して工事をさせて頂きますのでご安心ください。

雨漏りによる屋根被害

雨漏りの原因は積雪や老朽化によって、屋根と下地木材の間に隙間が出来、水の通り道が出来てしまうことにあります。

室内に水は侵入してないからと言って安心は出来ません。

ご自宅の軒先をご確認下さい。
以下の写真のようにシミのような模様は出ていませんでしょうか?

このような状態であれば雨漏り予備軍です。

早期に屋根工事もしくは修理をすれば費用も抑えることが出来ます。

気になる点がありましたらお気軽にご相談ください。

建板工業株式会社について

当社は屋根工事のプロフェッショナルです。

山形での長年の経験と実績をもとにお客様の屋根をお守りします。

お問い合わせを心よりお待ちしております。